2014年05月08日

今すぐ、紅茶を入れますからね

紅茶

ある家では今朝早く、女の赤ちゃんが生まれました。女の子を待ち望んでいた夫妻とその息子たちは、名前を考え始めました。すると、末息子が得意げに言いました。

「この子の名前はジョンだよ!」

一家は大笑いしました。

「それは男の子の名前よ。でも、そうね、ジェーン、というのはどうかしら?」

ジェーンと名付けられた女の子は、大切に育てられました。

*     *     *

アンジーは部屋で遊ぼうとホームページ作成ソフトの準備をしていましたが、お母さんに見つかってしまいました。

「アンジー、今日は牧師さんの所に行く日でしょう。教会の花壇を荒らしてしまうなんて、本当に何て悪い子なの。ちゃんとお説教してもらうのよ」

アンジーは渋々、教会に向かいました。

*     *     *

貧しい下宿屋の一室では、姉と弟が肩を抱き合って喜んでいました。弟の絵がとうとう認められたのです。

その日の午後、ミス・ハバレーがやって来ました。片手に大きなバスケットを提げ、もう一方には小さなペルシャ猫を抱いていました。

「ミスター・ジョーンズ、今日は自慢の仔猫を連れて参りましたの。それと、うちの自慢のコックが焼いたクッキーも」

「これは、これは・・・」

ミスター・ジョーンズは素早く身なりを整えると、ミス・ハバレーを招き入れました。

「どうぞ、おかけ下さい。今すぐ、紅茶を入れますからね」

そう言うと、ミスター・ジョーンズは何事もなかったかのように、再び紅茶を入れにキッチンに向かいました。洋服ダンスには、いつものようにダウンがかけられていました。


同じカテゴリー(短編)の記事画像
手紙がポストに戻って
女の赤ちゃんが生まれました
古いタイプライター
同じカテゴリー(短編)の記事
 手紙がポストに戻って (2014-04-10 10:22)
 女の赤ちゃんが生まれました (2014-04-07 09:36)
 古いタイプライター (2014-04-04 11:54)

Posted by 弘せりえ at 17:25│Comments(0)短編
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。